D-WAT

Disaster Welfare Assistance Teamの略のことです。

厚生労働省は、各都道府県を中心とした災害時における福祉支援体制の整備等を推進しています。各都道府県は、一般避難所で災害時要配慮者に対する福祉支援を行う災害派遣福祉チームを組成するとともに、一般避難所へこれを派遣すること等により、必要な支援体制を確保することを目的として、社会福祉協議会や社会福祉施設等関係団体などの官民協働による「災害福祉支援ネットワーク」を構築することを推奨しています。

このネットワークの中心的な活動を担うチームを災害派遣福祉チームとし、D-CAT(またはD-WAT)と称しています。

D-CATの構成には、
①主管部局及び都道府県防災部局、保健医療部局、
②都道府県社会福祉協議会、
③社会福祉施設等関係団体、
④福祉職による職能団体、
⑤保健医療関係者及び関係団体、
⑥都道府県民生委員児童委員協議会 
などが関わっています。

 平時における災害福祉支援ネットワークの活動内容

  1. チームの組成の方法、災害時のチームの活動内容等
  2. チームの派遣決定及び情報収集の方法
  3. 災害時における構成員の役割分担
  4. 災害時における本部体制の構築
  5. 費用負担
  6. 保健医療関係者との連携
  7. チーム員に対する研修・訓練
  8. 受援体制の構築
  9. 住民に対する広報・啓発

災害時の災害派遣福祉チーム(D-CAT、D-WAT)の活動内容

  1. 福祉避難所等への誘導
  2. 災害時用配慮者へのアセスメント
  3. 日常生活上の支援
  4. 相談支援
  5. 一般避難所内の環境整備
  6. 本部、都道府県との連絡調整、状況等の報告
  7. 後続チームへの引継ぎ
  8. 被災市区町村や避難所管理者との連携
  9. 他職種との連携
  10. 被災地域の社会福祉施設等との連携

参考

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000209718.html

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000209714.pdf